同じ英語なのに全然違うアメリカ英語とニュージーランド英語

スポンサーリンク

同じ英語なのに全然違うアメリカ英語とニュージーランド英語

どーもマサtonです!

今日はニュージーランドの住んでいる私の友人から

アメリカからニュージーランドに引っ越しされてから言葉で

困ったことについてお話を聞かせて頂いたことを

お伝えしたいと思います。

同じ英語でも、こんなにも違いがあることに気が付きました。

お読みになっていただけた方のお役に立てればと思います。

私は大学生活をアメリカで過ごし、現在は縁あって

ニュージーランドで暮らしています。

高校生の頃の英語の成績は常に上位、アメリカ留学では

生きた英語を学びました。

自分でいうのもなんですが、英語には自信があったのです!

…ここニュージーランドに来るまでは…。

みなさんはニュージーランドと

聞いて何を思い浮かべますか?

大自然?ラグビー?

それとも可愛い動物たち?

ニュージーランドの魅力は沢山ありますが、私が

ニュージーランドを選んだ主な理由の一つに英語圏である

ということが言えます。

なので、英語は話せるし、海外生活も経験したし、

ニュージーランドでの新生活で苦労することがあるなんて

思いもしませんでした。

しかもそれが英語でだなんて…。

そんな私の経験をもとにこれからニュージーランド旅行

や留学を考えている人に少しでも参考になるように

愛すべきニュージーランド英語について紹介したいと思います。

ニュージーランド英語の特徴

私が暮らしてみて分かったニュージーランド英語の

主な特徴にこれらが挙げられます。

1. イギリス式の英語

ニュージーランド英語はイギリス式の英語を

使っているので、アメリカ英語

慣れ親しんできた私たち日本人とってはもともと

馴染みが薄い方の英語だと言えます。

2.キウィアクセント

ニュージーランド人は自分たちのことをキウィと呼び、

ニュージーランド英語をキウィイングリッシュと

表現したりします。

イギリス式の英語に加えて、ニュージーランド英語特有

の強い訛りがあるためこれは英語なの?と思う

こともしばしば。

3.マンブリング

ニュージーランド人はよく自分たちの英語を

マンブリングと表現します。

これはもごもご喋ると言った意味で使われています。私の

印象では、表情筋をあまり使わず、口元だけで喋っている

人が多く、声がこもるのでさらに聞き取りずらく

なってしまっています。

4.基本的に早口

ニュージーランド人は基本的に早口です。そして

テンションが上がるとさらに早くなって

こうなるともう私はお手上げです(笑)

ここで紹介した以外にも地域で少し違ったりも

しますし、個人差ももちろんありますので、

ぜひニュージーランドに来た際はニュージーランド

の中でも英語の違いを感じてみてくださいね。

アメリカ英語とニュージーランド英語の違い

私がアメリカから、ニュージーランドに来て

私の英語が伝わりづらいなと、感じたことが何度か

ありました。その理由として、まずは発音、そして表現方法

の違いやシンプルに単語の表記が異なるといった

点が挙げられます。

1.発音

ニュージーランド英語はイギリス英語がベースに

なっていますが、ニュージーランド独自で

発展して来たので、発音も独特です。例えば、有名な

ところではeはiになります。

pen ペンはピンになり、tenテンはティンになります。

こうなるともう別の意味に思えてきますよね。

もう一つ分かったことは、イギリス英語

がベースでアメリカ英語のようにRは巻き舌に

ならないので、アメリカ英語で発音するより、日本語英語の方

が伝わりやすかったりします。

アメリカ英語ではwaterはウォ(ァ)ーラーのような

発音になりますが、ニュージーランド英語では

ウォーターで大丈夫です。

なので日本人には比較的発音しやすいのも特徴です。

2.表現方法

私が初めてニュージーランドでタクシーに乗った時に

運転手さんにhighway(高速)は使いますか?と聞いたら

えっ?と聞き返されてしまいました。その後、

高速に乗ると運転手さんがmotorwayのことね!と

言ったので、そこでニュージーランドでは

高速はmotorwayって言うんだなと思ったのを

覚えています。そのほかにもニュージーランド英語特有の

表現が沢山あります。

例えば…

ガソリンはアメリカ英語ではgasですがニュージーランド

ではpetrol, 個人的に面白いなと思っているのは、

ニュージーランド英語ではビーチサンダルのことを

jandalと言います。ちなみにアメリカではflip-flopsと

呼ばれています。

またニュージーランド英語のスラングもバラエティに

富んでいます。

Ta/cheers:ありがとう

Sweet as: 分かった、いいよ、すごいねなど幅広い

意味で使われています。,Eh?:だよね?文末に

つける,right?と同じ意味になります。

Yeah..nah: yes but no どっちなの?となりますが、

結局はノーと言う意味です。

返事はノーだけどオブラートに包みたいって

言う曖昧な表現方法です。

日本の相手を思いやる文化と似ていて私の個人的に

好きなスラングです。

3.単語表記

ニュージランド英語の単語表記はイギリス式

なので私たちが習ってきたアメリカ式の英語表記とは

若干異なる単語があります。

例えば、アメリカ英語では、centerですが

ニュージーランド英語では、centreとなります。

またtheaterはtheatreとなり語尾が少し変わってきます。

ニュージーランド人と上手にコミュニケーションをとるには?

さあここまでアメリカ英語とニュージーランド英語の違いに

ついてお話ししてきました。

それを踏まえて、ニュージーランド人と上手に

コミュニケーションを取る方法をお話し

していきたいと思います。

「当たって砕けろ」結局はこの精神が一番だと

思います(笑)

ニュージーランドの人たちはフレンドリーで優しい人

が本当に多いです。なので分からなかったらもう一度

言ってください、早口だったらもう少しゆっくり

喋ってもらえますか?などしっかり自分の意見を

伝えれば、ほとんどのニュージーランドの人たちは

嫌な顔せず、しっかり向き合ってコミュニケーション

を取ろうとしてくれるはずです。

また、日本に興味がある人も多いですし、会話の中で

日本のことや日本の文化について聞かれることも

しばしばあるので、自分の国のことをよく知っておくと

そこから新たなコミュニケーションが取れると思います。

最後に

ニュージーランド英語は難しいと言われることが

多いですが、先住民のマオリ語の影響やイギリス文化

の流入など様々な歴史的背景からニュージーランド英語は

独自の発展を遂げて来たオンリーワンの言葉だと

教えていただきました。

初めはあんなに苦労したニュージーランド英語

でしたが、今ではゆったりまったりした

ニュージーランド人が話すニュージーランド英語が

大好きになったそうです。

皆さんも機会があればぜひニュージーランドに行って

生のニュージーランド英語を体験してみるのもいいですね。

英語
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました