中国へ旅行に行くのならあらかじめ知っておきたい言語トラブル

スポンサーリンク

中国へ旅行に行くのならあらかじめ知っておきたい言語トラブル

みなさん中国といえば、なにをイメージしますか?

中華料理に、中国3000年の歴史だったり、

万里の長城だったりしますよね。

歴史ある大国中国ですが、言語は皆さんも

知っている通り、中国語を使いますよね?

私は、今中国語を一番勉強をして覚えたい

と思っています。

その理由は、今や中国は、経済大国の一員に

割って入ってきたほどの大国であり、今後も

世界の経済を席巻していくと思われるので、

中国語を勉強して話せるようになったほうが

良いと感じています。

私は以前、中国へ旅行に行ったときに、中国語を

話せないため、言語や文化ではとても苦労しました。

中国は、漢字で文字を書かれているのですが、

その通りに読むとちょっと違ったり、

日本や韓国みたいに、文法も単語も読み方も

異なるようです。

そのため、ご飯を食べに街に出て食堂で注文を

する時、日本で中華料理を注文しているように

やってみると、そんなメニューはないよと

言われてご飯が来なかったりと数多くありました。

もちろんショッピングに行った時もそうでした。

欲しい靴があるのにサイズが違うものが

来たり、服を買おうとしたら、日本人で中国語を

話せないから料金を少し多めに言われたりと散々でした。

言語を話せないだけで、こんなにも苦労する

ことがあるのかと実感しました。

私が中国で行ったのは北京と上海でした。

北京といえば、中国の首都なので英語を使えたら

旅行は簡単だろうと思いましたが、英語は

ほとんど使えない状態の方がとても多かったです。

そこで中国語のことを少し調べたので、

皆さんにも共有しようと思うので是非拝見

してみてください。

中国語は多彩な方言でいっぱい

中国語は方言がたくさんあるようで、主に、

中国本土で使われている方言は、北京語と言って、

日本で言うと標準語みたいです。

皆さんが中国語の勉強をするときは、北京語の勉強を

していると思われますね。

他にも、上海に行くと上海語で話しますし、

中国本土以外にも、中国語を話す国は

台湾や香港で使われているようですね。

ちなみに香港では、広東語を使っていて、

台湾に関しては北京語、福建語、客家語

の3つを使うみたいです。

日本語にも方言があるように、中国語

にも沢山の方言があるようですね。

中国を中心とした中華圏では、北京を

はじめ、どの地域も学校や職場においては、

『普通語(北京語)』の使用が多いみたいですが、

日常で使われている言語は、地元の言葉が

中心的に使われているようです。

上海語は、イントネーションが独特のようで、漢字

表記はできないようですし、香港で使われている

広東語も、普通語に対して文字の違いは

ほとんど大きくはないようですが、こちらも

イントネーションに大きな違いがあるようです。

台湾では、公用の言語としては、北京語を

使われているようで台北や台東・花蓮など

台湾北部では、日常の中でも北京語が

使われているようです。

一方『福建語』では、台南・高雄・雲林など

の南部で使われていて、『客家語』は北西部に

ある桃園・苗栗等の地域で使われているようです。

このように、地域によって言葉異なった

言語を使っていて、普段の生活で

使われている言葉は、現地の地域の方言で

コミュニケーションをとっているようです。

英語にも方言があるように、中国語は

1つだけじゃないと言うことがわかりましたね。

海外の方が日本語を勉強するとき、標準語を学ぶように、

私たち日本人は北京語を学んでいるみたいですね。

言語もこのようにして追求してみると、

面白い内容がいっぱい出てきますので、

行きたい国の言語を調べてみると旅行も

少し面白くなるかもですね。

中国の方の特徴

中国の方は、面子を大事にする傾向にある

ようで、良い意味でも悪い意味でもプライド

が高いと思いました。特に叱責や指摘をする

といった行為は、面子が潰れてしまう

こととなるので、中国の方は少しデリケート

に扱わないといけないと思いました。

特に私自身ショッピングの時に、

お金を多く言われた時に強く感じました。

結構有名なお店だったようで、

指摘するとかなり憤慨してお店を出された

経験がありました。

あとから中国人の友人に話を聞くと、

そういった指摘をされたから有名店としての面子

が潰れると言っていると思うよと言われました。

プライドが高い分私の言い方も少し悪かったと思いますし、

中国の方の国民性を尊重したいと思います。

最後に

中国に行って、言語を話せなくてショッピングの時に

お金を多く言われたり、料理を頼んでも

来なかったりしました。

中国の方の特徴にも少し触れてみましたが、

十人十色でいろいろな人がいると思うし、

たまたま当たった方がそうなってしまったと

言うこともあると思います。

海外旅行先でのトラブルは必ずある

ものなので、そこは怒らずその国の方を

尊重しましょう。

海外旅行で現地の言葉を話せるととても

楽になると思うので、私自身も中国語を勉強して、

日常会話ができるようになりたいと強く思いました。

現地の言葉を覚えると、旅行に行ったら楽だし、

もっといろいろなところに回れると思うし、

こういったショッピングしてる時に、お金を多く

言われたりもしないと思います。

料理もしっかりと来ると思います。

是非、皆さんも海外旅行に行く際は

現地の言語を少し覚えていくことも

いいかもしれませんね。

コメント

  1. うり より:

    おじゃましま~す(笑)
    問い合わせがきちんと設置してあったので
    そっちからコメントしようかとも思ったのですが
    なんかペナルティーとかあったらいけないので(初心者的発想)
    無難にこちらで。
    記事、順調ですね!
    「~というお話」シリーズ!!
    型が出来てくるとやりやすそう。
    とても参考になりました。

    あ、記事の内容も面白い!
    まさとんが書いているという
    バイアスが働いているからか(笑)

    それではまた~

    • マサton マサton より:

      うりさん、コメントありがとうございます。
      面白いと思っていただけて嬉しいです。

タイトルとURLをコピーしました