帰国子女の方や有名なスポーツ選手に多く見られる外国語副作用

スポンサーリンク

帰国子女の方や有名なスポーツ選手に多く見られる外国語副作用

外国語副作用って本当にあるの?と

言われますが、現に帰国子女の方とお話を

させていただいたことがあるのですが、

とてもありました。

日本語で話していたら少し発音がネイティブだったり、

日本語が出てこなくて英語が出てきたりしていました。

日本でも大活躍されてヨーロッパに移籍された

サッカー選手のY.N選手もイタリアセリエAの

強豪チーム、との契約更新の時に、日本語が

出てこなくてイタリア語で話していたのも印象的です。

慣れない外国語を使うのが難しいということは、誰もが

よく知っていますし、その慣れない外国語を使っている

最中には、思考力が低下する事実はあまり

認識されてないようです。

皆さんも海外に行ったときにそう言った現象は

かなりあると思います。

今回は外国語副作用について綴らせていただきます。

外国語副作用とは?

外国語副作用は、第2言語を習得中に人間がその言葉を

使っているときに、処理資源をその第2言語に処理を

取られるために、知的レベルが全体的に低下する心理現象

のことを言うようで、普段では日本語を使っていて、

英語を話すときに言葉が出てこないことは

かなりあると思います。

それは、英語の知的レベルが日本語に比べると能力が少し

低下しているということなのです。

第2言語を話すときには、かなり見られる現象のことで、

処理をするのに時間を有することのことを言うようです。

スポーツ選手に多く見られる現象のようで、今や海外で

活躍する日本人スポーツ選手はかなり多くなってきました。

サッカー、野球、テニス等活躍する選手が出てきました。

現地の言葉を使わないといけないので、英語を話される

一方、現地語を話される方がかなり増えてきています。

そのときに現地語からしたら第2言語は日本語になるので、

日本語の能力処理に少し低下が見られるようです。

そのため外国語が出てこないのに現地語が出てくることが

よくあるようです。

人間は2つのことを一緒にできないということがあると

聞いたことがありますよね?

それと一緒で、言語にも、2つのことを一気に話す

ことはできないのです。

このように外国語副作用はあるように見えますね。

なぜ外国語副作用が起きるの?

なぜ外国語副作用が起きるのかについては、資源理論を

使うのは直観的に理解しやすいからのようで、外国語副作用は

他の理論でも説明できるようです。

大概の場合、何かをうまくやるためには注意を向けることが

必要のようで、不注意は失敗そのものになります。

注意の資源理論とは、注意を向けるということは認知資源

を使うということなのだと考えられます。

この理論によれば、頭の中で行っている大概の情報処理は

認知資源が必要で、認知資源がないと情報処理が進まない

ようでこの認知資源には限りがあるようです。

このように頭の中で情報処理をしているときに認知

されていることの量によって起こるとも

言われているようです。

たしかに、知らない言語を話せと言われると

難しいですよね。

処理の低下が外国語副作用を引き起こしているようです。

外国語副作用は治る?

外国語副作用は治るの?と言われることが多いのですが、

治すも何も情報処理の低下を抑えることが大事になるので、

外国語を覚える際の認知力が大事になってくるようです。

つまり、言語の認知力にも関わってくるようなので、

使っている第2言語の認知力を高めることが

大事だと思います。

勉強方法を変えてみる方法も1つですし、日本語と外国語を

交互に発音、書いてみることも大事だと思います。

1番早いのは和訳を見ながら洋楽を聞くということを

すると、かなり有効的だと聞いたことがあります。

難しいと思いますが、将来的に第2言語はとても

大事になると言われていますので、皆さんも第2言語を

覚えてみてはいかがでしょうか。

最後に

このように、外国語副作用は第2言語を学ぶと

起こるようですね。

今や2ヶ国以上の言語を自由自在に操ることができる

人たちが増え、海外にいくとたまに現地の言葉が

出なかったり、逆に日本に帰ってきて日本で現地の言葉を

使ったりする人が今後も増えると思います。

スポーツで海外に留学している人や、韓国に語学留学に

行っている人にそう言った外国語副作用は出ると

思いますし、逆に現地の言葉に慣れすぎて日本語が出なかった

こともありそうですね。

私の勝手なイメージですが、英語を話せる方はかなり

あると思います。

2ヶ国語以上話せる方は、旅行に行った時にも

たまにありませんか?

言語とは違うのですが、日本に帰国してコンビニとかで

買い物をするときに、財布の中に現地語通貨が入っていて、

間違えて現地通貨を支払いに使ったことなどありませんか?

ただ単にボケてただけかもしれませんが、同じ

現象みたいですし、それも同様で、外国語副作用は、

頭だけでなく体も外国副作用が出ていると思います。

副作用を治すなら第2言語を同等のレベルにまで持ち上げる

ことが大事だと私は思います。

勉強する際は、外国語が出てこず日本語で訳している

方は多くみられると思いますが少し勉強の仕方を変えてみては

いかがでしょうか。

 

 

 

語学
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました