日本語に聞こえる不思議な外国語、いわゆる空耳アワー的なお話

スポンサーリンク

日本語に聞こえたような不思議な外国語いわゆる空耳というお話

皆さんも、テレビとかを見ていると、英語なのに日本語に聞こえてきたりしたことはありませんか

現に、ジャニーズの方が、英語を聞き取る番組で面白い日本語に聞こえたと言ってお茶の間に笑いを誘ったりしましたし、サッカーの実況がとても日本語を喋ってるようにしか聞こえない番組を見たことあると思いますし、ときには、思わずお腹を抱えて笑ってしまうような日本語文章

に聞こえることもあり、このような『空耳』のおもしろさは、英語に限らず、日本では度々高い

人気を集めてきました。

 

日本語に聞こえる外国語をちょっと並べてみたいと思うので、自分で読んでみて口ずさんでみてください。

 

そうしたら外国語が日本語に聞こえるかもしれませんよ。

 

英語が日本語に聞こえる?

実は、日本語に聞こえている外国語は『空耳』によるものだと言われています。

 

『空耳』は、実際にない音や声が聞こえたと思うことであり、外国語の歌詞などを日本語に聞き直すことも意味するようです。

 

このように、『空耳』は海外のあらゆる言語同士、または同じ言語同士であっても起こりうることであり、言語学的な研究も数多く行われているようですよ。

 

オーストラリアの学者はこの空耳に関して研究をすすめている方もおられます。

 

さて、本題に入りますが、英語が日本語に聞こえるということもあると思います。

 

日本人の多くは

”Sit down please”知らんぷり』、

”How much?”はまち』というように、英語が全く別の意味の日本語に聞こえるという経験があると思います。

 

これから単語を並べてみますね。

 

“Have a nice day” 幅ないっすね

“Sightseeing, ten days 『斎藤寝具店です

“Ah hold me tight” 阿保みたい

などといった英文はとても日本語に聞こえることが多いと思います。

 

みなさん1度発音してみてください。

 

私も発音をしてみたのですが本当にそう聞こえてきますよ。

 

韓国語の単語は少し日本語に似ている?

実は、韓国語の単語には少し日本語の発音に似ている単語があるのはご存知ですか?

 

一時期韓流ドラマが流行ったときに、よく日本語話した?と思ったことはあると思います。

 

それぞれ日本語に聞こえる韓国語単語を並べてみたいと思います。

 

日本語 韓国語 発音

図書館 도서관 トソグァン

 

教室 교실 キョシル

 

教科書 교과서 キョグァソ

 

家具 고구 カグ

 

道路 도로 ドロ

 

高速 고속 コソク

 

家族 가족 家族

 

約束 약속 ヤグソク

 

このように日本語と韓国語の単語を並べてみましたが結構似ていることの方が多いと思われますね。

 

なぜ似ているのかというと、元々韓国でも漢字が使われていたと考えられています。

 

例えば『道路』は日本語で『どうろ』と読み、韓国語では『ドロ』と読みますが、漢字が発端になってできた言葉だからこそ、日本語や韓国語であっても同じ発音になったのでしょう。

 

『読み・書き』のうち『読み』は比較的マスターしやくす、親近感を覚えやすくなっています。私は韓国語を話すことができませんが、韓国語と日本語の発音はよく似ているので3週間ぐらい

で話せるようになると聞いたことがあります。

 

もちろん発音が似ていることもあり、すぐ覚えやすい言語だと思います。

 

韓国にも漢字は存在しますが発音も異なりますし、基本的にアジア圏は漢字が使われているため発音も少し似ていることが多いようです。

中国語も漢字をよく使われていますし、日本の数字で『3』は中国語の『3』からきているとも

言われていますし、現に同じ発音だということもあります。

 

そのように違う言語なのに発音が少し違う言語もあるようです。

 

もしアジア圏に海外旅行に行った際は、すこしそう言った発音の部分を少し意識して見ては面白いと思うので皆さんも楽しんでみてください。

 

最後に

みなさん今回は外国語が日本語に聞こえる単語集はどうでしたか?

 

私たちの日常で英語は使われることはあまりないですが、TV番組やYouTubeなどで日本語に聞こえる外国語の映像を見た方は少なくはないと思います。

 

今回は空耳で聞こえているということを書かせてもらいましたが、それはあくまでも英語やヨーロッパの現地語に多く見られるということが分かりました。

 

韓国語や中国語は漢字を多く使っているから発音が多少のズレはありますが、日本語と同じ発音をしていることもわかりました。

 

そのため、同じアジア圏でもあるので韓国語、中国語の言語は少し似ている部分があるので覚えやすいとも言われていますし、スペイン語とポルトガル語もかなり似ているのでスペインの方やポルトガルの方はどちらの言語も扱えるとも聞かれます。

 

漢字の始まりは中国だとも言われているようですし、日本語も中国語からの由来とも言われているようです。

しかし、中国語と日本語では文法も違うし単語も違うので日本人特有の外来語を自分たちで創作

するという人間性の現れかもしれませんね。

 

みなさんも海外旅行へ行ったら日本語に聞こえる外国語を少し探してみてはいかがでしょうか。

 

友人、家族、恋人と一緒になって笑えていい思い出のできる旅行になると思いますよ。

 

コロナウイルスが収まって海外旅行に行けるようになったら言語のことも少し意識してみてはいかがでしょうか。

 

 

語学
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました