英語はなぜ世界で1番話される世界共通語になったのかという話

スポンサーリンク

英語はなぜ世界で1番話される世界共通語になったのかという話

皆さんはどの言語が世界共通言語かわかりますか?

そうです。英語が世界共通言語と言われていますね。

 

英語は、約10億人が使われていると言われていますが、中国、インドの人口に比べたら、使われている英語は少なく見えますが、実はその人口ランキング1位、2位の国の現地語より、英語の方が多く使われているのはご存知でしょうか。

 

たしかに、私の時代では、中学生から英語を学ぶようになりました。

 

グローバル化が進む現在で、英語を使えるとすごく人生的にも有利にもなってくるとよく耳にします。

 

では、なぜ英語が世界共通言語になったのか、私が出来るかぎりの知識でお伝えさせていただきます。

 

英語が世界共通言語になったのは歴史的分野でもある

英語がなぜ世界共通言語になったのかは、19世紀の戦争がかなり関係していると考えられています。

 

英語を主に現地語にしているのは、イギリスやアメリカにて使用されている言語です。

 

その他にも、オーストラリア、ニュージーランド、カナダなどが使用している言語です。イギリスやアメリカは、アジアを含む世界各国を植民地にしていたためとも言われていますし、特に19世紀頃イギリスは、世界的にも強烈な軍事力を保持していたため、植民地にしている国が多かったようです。

 

その植民地にされた国や地域では、英語が多く使われるようになりましたし、このように戦争で敗北した国々が、現在でも英語が使われている国も多いようです。

 

オーストラリア、ニュージーランド、カナダはイギリスの植民地でもあったので、英語が使われるようになったのです。

 

もう一つはアメリカの影響もあります。

 

アメリカといえば、世界1の規模を誇る国でもあり、経済力、軍事力、そのほかの影響力を与えている原因でもあり、世界各国にアメリカの現地語である英語を国際ビジネス用語としても使われていることも一理はあると思います。

 

アメリカの影響力もあり、世界的に英語が使われているのかもしれませんね。

 

ここまでは英語が世界共通言語の歴史的背景について綴らせていただきました。

 

英語は覚えやすい

英語は、世界共通語になった理由の1つは覚えやすいし、発音が簡単なことも挙げられます。

英語は、アルファベット26字だけで、単語が構成されています。

 

そのため世界共通語になるにはもってこいの言語なのです。

 

日本語は、同じ発音で違う意味を持ったりしているので、世界の国々の方からみてとても難しい言語にはなったりします。

 

その他の言語は、発音だけでなく、アルファベットのアクセントを強くするところに『’』がついたりします。

 

例えば、スペイン語のラテンアルファベットは、発音とイントネーションはかなり難しくなります。

 

スペイン語は、よく巻き舌で話しているように聞こえますよね。

 

ドイツ語、フランス語などは、濁点がかなり多い言語になりますし、アジアの言葉はそもそも文字が難しいと言うことがありますし、漢字が多いので英語圏の方々からすると難しいとのことです。

 

このような観点からみてみると、英語は他の言語に比べると覚えるのが簡単だということがわかりました。

 

今や英語は会話だけでなくビジネスでも使われているやはり英語は、ビジネスの面で英語は使われることが多いですね。

 

貿易関係などは、英語が共通語にはなっています。

 

日本にも、貿易以外でも英語が使われているものがあります。

 

またネットワークの復旧で、グローバル時代にも突入したこともあり、英語が多用されるようになりましたし、そのもう一つ私たちの日本人が、趣味の一貫でも英語が使われている物があります。

 

それは映画です。

 

映画も、英語での翻訳が多いのもヒットする作品が多いとのことです。

 

みなさんが知っている映画を思い出してみてください。

 

英語での翻訳をされている作品が、とても多く感じますし、私たちの日常にもこのようにして英語は浸透しています。

 

そういったところを注目してみると、面白いかもしれませんね。

 

最後に

このように、端的に英語はなぜ世界共通用語になったのかという理由を綴らさせていただきました。

 

歴史的な部分もあり、英語は世界共通言語にもなってきたところもありますし、やはりなんと言ってもアメリカの影響力もあり、世界的に英語は使われることも多くなりました。

 

経済の最先端を走っているというだけあって、アメリカの影響力は目を見張るものがあります。

 

世界の経済の中心は、アメリカで動いていると言っても過言ではないし、朝のニュースではアメリカの経済の話が多くみられると思います。

 

私たち日常的にも、英語は使われていることもありますし、今現在、グローバル時代により

英語はビジネス用語が英語を主として使われていることもあります。

 

皆さんも、世界中で使われている英語を学べばより多くの人と交流することが出来ますし、学べば広い分野、取り込める情報もかなり広がってくると思います。

 

これからビジネスで英語を学んでいくという時代は来ると思うし、今現在も既にそういった時代も来ています。

 

少しでも他の言語を覚えたいと言うのなら、将来的に絶対必要になる英語を勉強してみましょう。

 

上述したように覚えやすい単語にはなっていますので、英語力を磨き自分の世界を大きく広げてみてはいかがでしょうか。

 

語学 英語
スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました